日本の中心でアニメを見たり見なかったりな学生と社会人

面白いデータを発見しました。2008年のものなのでかなり古いんですが…

「大都市圏と地方のアニメ格差」




11位の茨城でさえ放映率が50%、つまり半分しか見られないということのようです。

よく地方の方々が嘆いているのを目にしますが、ほんとに悲惨ですね。

ちなみに5位東京都の管理人も今期家のテレビで見れない番組が2本あります。

NHK-BS2放送の『GIANT KILLING』と、AT-X放送の『kiss×sis』

まあ要は有料放送未加入ってだけなんですがw

NHKの受信料だけで死にそうですw

正直こんなデータを見ると、地方に行かない生活っていいなと思ってしまいました。

代わりに漫画を読むにしても、漫喫とか当然大都市圏の方が充実してるはずですしね。

管理人はアニメ大国神奈川出身なので、社会人になったら地元で暮らすつもりですw

気軽にアキバまで出られるというのも大きいです。

まあこれからはインターネットがメディアの中心になるでしょう。

地方の人もアニメを自由に見られるような社会になればいいなと思っています。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。