FIFA World Cup 2010 総括

さて、大会前から攻撃サッカーと呼ばれ人気を集めたスペインの優勝で幕を下ろした今回のワールドカップ。

しかし、スペインは本当に攻撃サッカーだったのだろうか。

スペインは優勝チームとしては過去最低得点だった。

勿論「得点が少ないから守備的だ」などと言う結果論的な話ではなく、 スペインのパスサッカーは非常に守備に優れたものだったと考える。

今回躍進したチームの共通点として、ブロックを作った組織的な守備からのカウンター戦術を採るチームが多かった。

我らが日本もそうである。

これは世界のサッカーの潮流であり、モウリーニョがポルトで、チェルシーで、そしてインテルで実践したものだ。

ブロックを形成されるとパスのみでの打開は非常に苦しくなる。

スペインはほとんどの時間をブロック外でのパス回しに終始することで、相手に攻撃の時間を与えなかった。

つまりこれはリスクを負わないサッカーであり、だからこそ守備的であったと考える。

スペインの得点シーンを見ても、ビジャの個人技、セットプレー、そしてカウンターであり、ブロックを崩すような「攻撃的パス」で打開したものはほとんどない。

パスだけで得点が得られる時代は終わったのだ。

相手がブロックを敷いた際に一番効果的な手段はドリブルである。

最終的には個人能力と言ってしまえばそれまでだが、個の力なしではいくらボールを支配してもゴールには結び付かない。

スペインがオランダとの決勝戦で挙げたイニエスタの決勝ゴールも、ドリブルで崩したものだった。

その意味でスペイン監督デル・ボスケは名将だったと言えよう。

パス偏重のサッカーを行うチームにおいて、なぜヘスス・ナバスを起用し続けたか、それはパスのみでの打開が難しいことを理解していたからだろう。

スタメンで使わなかったのは、前半はリスクを侵さないという意思表示だったのだと思う。

それはどのチームも同じで、先制点の重要さは現代サッカーの常識である。スペインに関してはスイス戦の失敗を繰り返さないという思いもあっただろう。

真の攻撃サッカーを実践したのは、名将ビエルサ率いるチリのみだった。

徹底的にドリブル突破を仕掛けるチリサッカーは真に攻撃的で、全世界から称賛を受けるに値するチームだった。

これらを前提として、我らが日本の攻撃面について考察してみよう。

まず、オシム氏が日本代表監督を退いたのは非常に大きな、そしてプラスに働いた出来事だったと思う。

オシムはドリブル突破やタイミングの早いロングシュートを嫌い、とりわけ日本選手は個人能力が低いと考え徹底して制限を加えていた。

日本がパラグアイに敗北した後も、彼は「大久保はエゴイストだ」と非難していた。

しかし私は、オシムサッカーでは決勝トーナメント進出はなかったと思う。

松井や大久保、本田がドリブルを仕掛けたからこそ相手の守備を崩すことに成功したのだ。

カメルーン戦の決勝点や、デンマーク戦の3点目はいずれも個人技から生まれている。

そして日本の最大の武器はセットプレーである。御存知の通り、本田や遠藤のフリーキックは世界レベルである。

そして、前線3人のドリブルによって相手の守備を崩し、セットプレーはもたらされたのだ。

これからの日本の進むべき道、それはドリブラーの育成にある。

守備面に関しては人数を割いてブロックを敷くことで、強豪とも渡りあえることを証明した。

さらに世界レベルで戦うには、ドリブルで相手を崩せる人材が不可欠になる。

それは、もともと短足で重心が低く、敏捷性に優れる日本人の特長を活かせるものだと思う。

中村俊輔の代表引退とワールドカップでの躍進によって、新たな「日本サッカー」を作る土台が整ったのではないだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。